フォトジェニック・トプシー! #1

五月場所、稀勢の里の休場は本当に残念ですが、しっかり治して、名古屋場所では存分に暴れてほしいですね!!

大丈夫です、ご覧いただいているのはPカンパニーのブログですよ!
茜部真弓です。
トプシー、久しぶりの本公演参加です(≧∀≦)

先日、芝居を観にいったとき。
折込チラシをめくっていたら、このチラシを見て悲鳴をあげそうになりました。

image1.JPG

自分の劇団、自分が出てる、しかも自分がヘアメイクを手がけたチラシを見てびっくりするとは…アホなんでしょうか。

そういえば今回のメイクのお話は、
たまたま出かけた草間彌生展が予想以上に混んでいて、あきらめてロビーのモニターで彌生さまが水玉を描く様子をガン見していたときに、Pしゃちょーから電話がかかってきたのが最初でした。
勝手に運命を感じてお引き受けしましたが、いただく感想は、そりゃもう賛否両論。

「雑誌みたい」「怖くて冷蔵庫に貼れない」
「よくみると象」「だれ」

モデルは吉田恵理子です☆

さて。Pカンパニーらしからぬチラシができたということで。

「フォトジェニックな稽古着をさがせ!!」

無理矢理なお題を自らに課してみました。
…最近よく耳にする「フォトジェニック」という言葉を使ってみたかっただけです♪
フォトジェニック、つまり、写真うつりがよい、という意味ですね。

書いていて、自分でどんどん不安になってますが…とにかく、いってみましょー!!

image1.JPG

はい、五十嵐弘くんです。
五十嵐くんは普段からなんだかオシャレなので、トップバッターになっていただきました。
今日の着こなしのポイントは何ですか?
「アンバランスなTシャツ。僕の人柄を表してみました。ちなみに靴はニューバランス。」
…なるほど!!!
はい、次。

image1.JPG

内田龍磨さんです。
内田さんは、半七という超イケメン猫を飼っていらっしゃる愛猫家。
もちろん今日のファッションは…
「猫。ボールもコーディネートしてみたぜ。」ニヒルな笑顔と可愛らしい猫がナイスマッチ!!

image1.JPG

こちらは今回のヒロイン、須藤沙耶!!
稽古場の黒い壁だと同化しそうだったので、ロケしてみました(笑)
なかなかいい写真♪
今日のポイントは?
「風通しのよいボトムスです♪」
さすが、Pカンパニーきっての才女、実用性も抑えてます。

さあ、だんだんそれっぽくなってきたところで、また来週〜!!!

撮影会ぱお〜〜ん

暑いですね〜
ご無沙汰しております、
木村万里です。

本日は、
上野動物園にて、
『TOPSY』の宣伝動画撮影会。
今回、
この公演の為に、
沢山、象さんの映像を見ましたが、
やはり、本物は、違いますね〜〜
デカイ!!
そして、可愛い^_^
あきない。


今回の主役、
タイトルロールの
TOPSYの
吉岡健二さんです。


image1.JPG

Pカンパニー立ち上げ当初の
作品では、
林さんが、私の息子役でしたが
メンバー二人目の息子役…
そのうち、私の息子役をやらないのは、
Pのメンバーでは、
最年長、本田さんのみになるやもしれません…
いや、そのうち本田さんのお母さんだって、
やるかもしれない…?

そんなことはさておき、
私にとっては、
はじめての
竹本さんの作品、
ワクワクしております♪♪♪

宣伝動画班、
内田龍磨氏の監督のもと、
キャメラマン、木村万里、

主役、
吉岡健二、

はてさて、
どんな宣伝動画になりますやら、
お・た・の・し・み・に♪♪♪

image1.JPG

虎よ虎よ

 

今回の台本を読むにあたエジソンのことを調べていたら、面白い話見つけました。

 

エジソンはサイコパスだったかもしれないという記事です。


サイコパスとは、
連続殺人犯などに多い
精神病質、反社会性人格障害などと呼ばれる特殊な人格を持つ人々のことで、

 

平気でウソをつくけど、罪悪感ゼロ。

 

時には自分が被害者のように振る舞う。

 

他人を利用することに長け、人の痛みなどまったく感じない。

 

社会の規範、ルールを気にしない。


表面的な人付き合いは上手で、口が非常に達者。


一見素晴らしい魅力の持ち主で求心力があり人気者。


懲りずに同じ様な失敗を繰り返す。


などの特徴を持っています。


「羊たちの沈黙」のレクター教授の様な恐ろしい殺人鬼のイメージを持っていたので、エジソンがそうだったかもしれないと聞いて驚きました。

しかし、その性格が逆に良い様に働いて社会的に素晴らしい成功を収めている人も多くいるのだとか、

社会の規範を気にしないという性質は時に革命的なものの考え方に結びつき、
他人の痛みを理解しない冷徹さはどんな時でも周囲に流されることのない冷静な判断力の元となります。

企業のCEO、弁護士、外科医にもサイコパスは多いという事です。驚きです!


実はかのスティーブ・ジョブズ氏もそうだったらしいのです。
確かに、彼のエピソード聞いていると、素晴らしい成功者だとは思いますが上司にするのは僕は遠慮したいかも。


エジソンにもそういう特徴があったのかなと考えながら台本を読むと、意外と何だか当てはまりそうな所が沢山あり、なかなか面白い読み方ができました。

そんな奥野です。

ところで、話は変わるのですが、この画像は何のシルエットでしょうか??


チーター??ヒョウ?イリオモテヤマネコ???

 

 今回の公演では、僕は小道具を作っているのですが、それに関して、今悩んでいるのがこの問題。

実はトラをシルエットで作ろうとしているのですが、、、そう!
虎はあのシマがないと、シルエットでは「ネコ科の何か」にしか見えないのです! 

何故にトラのシルエット??とお思いでしょうが、それは劇場で観てからのお楽しみです!

じゃあ、影にもシマをつければいいじゃない。と思うのですが、これがなかなか難しい理由があるのです。それもネタバレになるので書けませんが、、、。

兎に角、只今シルエットの虎を鋭意制作中です!

どんな物が出来るのか??そもそも何に使うのか???

劇場では、ちゃんと目立つところで出てきますので、気になる方は是非是非シアターグリーン迄足を運んでいただいて、当日ご自分の目で確認して観てくださいませ!

Pカンパニー第20回本公演
「TOPSY」
どうぞお楽しみに!!!
ではでは!


芽出た、目出た~の、愛でる

本日稽古に不要だという事で

遠慮なく休みました。

 

DM作成しましょか!

なんて思ってたら、雑務に忙殺されました…

あんまり家に居ないから溜まっちゃうんだけどね。

 

そんな中、憩いの時間が土いじり。

ベランダのプランターだけど、先日蒔いた大葉か芽を出しました!

何か嬉しい…。

 

オマケにもう諦めかけてたミニトマトとアボカドも元気になってきた!

何か元気になってきた…。

 

土もコーヒーの滓を使ったりしてて。

…これは何か意味あったのか分かんないけどね。

 

でね、この話を芝居に結びつけようなんて、これっぽっちも思ってないんで、終話。


立ち稽古

DSC_0484-1280x720.JPG
「TOPSY」の稽古開始から、今日で6日目。
早くも立ち稽古に入りました。
何と言っても、ユニークな発想に満ちた竹本作品を演劇的に立体化するのは、至難の技。特に今回は、“象”を表現するのですから。
写真をご覧になっても、何だかおわかりにならないでしょう。演出家も含め、みんな試行錯誤の繰り返し……。
皆様、果たしてどんな舞台になるか、どうぞご期待下さい。

宮川


 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

Pカンパニー第20回公演
『トプシー』
竹本穣:新作
冨士川正美:演出

6/28(水)〜7/2(日)
シアターグリーン
BOX in BOX THEATER

所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM