冨士川正美・外部演出、木村万里・外部出演情報

20180714_180547.jpg
☆冨士川正美・外部演出、木村万里・外部出演情報☆


『音楽劇 カフェ走馬灯 何処へ』
企画・台本=山川泉
演出=冨士川正美

8月19日(日) 14:30/18:30

3,000円(税込・全席自由)

中野市市民会館ホール(長野県)

問い合わせ先
090-2534-7491(武田)

20180714_180553.jpg

『白い花を隠す』前売り開始☆

p24a.jpg
『白い花を隠す』
本日より前売り開始です!!

「シリーズ罪と罰CASE3」として昨年の2月3月に伊丹と東京で初演した本作。
演出の小笠原響が読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞するなど、予想を上回る高い評価をいただきました。お客様からのアンケートでもたくさんの再演希望のお声をいただき、
この度なんと、Pカンパニーとしては初の再演となります!!

前回観られなかった方も、もちろん観られた方も、是非!!

土日は早めにお席が埋まる可能性があります。良いお席はお早めにご予約ください♪

ご予約、心よりお待ちしております!


p24b.jpg


終わった!

Pカンパニー第23回公演

「タイラバヤシか ヒラリンか ベツヤクミノルか フジョウリか 〜混沌コント集」
先日、無事終了致しました。
お暑い中のご来場、誠にありがとうございました。

DD884554-B27B-4662-9D27-B12AA0B19C3E.jpg
楽しんでいただけたようで何よりです。
ただ、こちらに届く感想は好意的なものが多く、厳しい意見もそれ以上にあると思います。
今後の我々のためにも、忌憚のない意見を聞かせてもらえたら幸いです。
 
今公演は正直言って、幕が上がる迄不安でしょうがなかったんですわ…
「悪ふざけになってねえか?」
「独り善がりになってねえか?」
「本読めてる?」
「そもそも、こんな事して面白いの?」
等など。
 
また、パンフレットにあるように、イレギュラーな事象が発生。
稽古進行にも支障が出ようか、といったところ…。
 
寺田寅彦「柿の種」
の一節にこんなのが有ります。
「……詩人をいじめると詩が生まれるように、科学者をいじめると、いろいろな発明や発見が生まれるのである。」
 
役者をいじめると(…いじめ?)
こんな演劇が生まれるのである!…^^;
 
微妙な怪我に泣かされましたが、無事終了。…って事で。

ご来場ありがとうございました!

吉田恵理子です。

 

あっという間の梅雨が終わり、

暑い日が続きますが、熱中症などで体調崩したりしませんか?

私は暑くて暑くて、髪の毛切っちまいたい衝動にかれております(´;ω;`)ウゥゥ

黒髪ロングほど熱を吸収するものはございません。

 

そんな暑い中、お陰様で、無事終了いたしました。

『タイラバヤシかヒラリンかベツヤクミノルかフジョウリか〜混沌コント集〜』

キャストの皆様、スタッフの皆様、応援して下さった皆様、

そしてなにより、ご来場いただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!

ご来場いただいたお客様が、ブログでPカンパニーの公演の記事を書いてくださいました。

是非ご覧ください‼

 

『allparkと演劇三昧時々ラグビー』

https://ameblo.jp/bayshore2803/entry-12386869153.html

 

身長高くてよかった、黒髪ロングでよかったと、親への感謝です。

別役実さんの作品が好きで入ったPカンパニー。

こんな別役さんコントの詰め合わせは、宝石箱のように魅力的で、

とても興味深く、嬉しかったです。

観に来て下さったお客様の中に、

「不条理は怖くて面白い」と言ってくださったお客様がいたのが印象的でした。

笑いの中に、毒や風刺、実際の事件を彷彿とさせるような言葉がある。

何かを訴えたい、意義主張を唱えたいというわけではないですが、

観終わって劇場出た後に、ふと見たニュースや友達との会話の中に

「別役作品みたいだなぁ」と思うような瞬間が皆さんに訪れたら、私は本望です!

本当にありがとうございました

 

稽古中に撮影した写真です!

【演出=林次樹、美術=松岡泉、衣装=加納豊美、照明=石島奈津子】

 

・舞台写真1

(から木村愛子、茜部真弓、林次樹、吉岡健二)

 

・月が光ってる‼

 

・女学生役の二人との凄まじい身長差

(左から林次樹、一川靖司、細川美央、立直花子、吉田恵理子)

 

・お金の魅力♪

(左から亀井奈緒、秋田遥香、千葉綾乃、林次樹、一川靖司、吉田恵理子)

 

・お金の魅力を作った男!(注:新聞紙です)

(奥野雅俊)

 

・先輩方と写真♪

(前列:左から千葉綾乃、木村愛子、木村万里)

(後列:左から茜部真弓、吉田恵理子)

(一番後ろ:五十嵐弘)

 

・ナース、宿直しているナース(吉田恵理子)

 

・浮浪者になったナース(吉田恵理子)

 

・奇跡の一枚【宮川先輩曰く】(吉田恵理子)

 

次回のPカンパニーは、去年の2月に上演した『白い花を隠す』(作=石原燃、演出=小笠原響)を再演いたします!

8/31〜9/4、〔池袋〕シアターグリーンBOX in BOX THEATER

9/7、9/8、〔伊丹〕AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

チケット発売日は、なんと7/12‼もうすぐです。

今からご予定の一つに加えていただけると嬉しいです。


『タイラバヤシかヒラリンか──』

お陰様で、昨日無事に全公演を終えることができました。
お暑い中、お越しいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

『鎮魂歌(レクイエム)』の後に、コント芝居。Pカンパニーは、一体何を考えているのかと、不審に思われる方もいらっしゃることでしょう。
でも、ドストエフスキーから別役実まで、幅広く挑戦するのが、Pカンパニーなのです!
(その挑戦が成功しているかどうかは、皆様にご判断いただくしかありませんが……。)

どうぞ今後とも、温かく見守って下さいませ。
宮川

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

第24回公演

好評につき、再演!

〜シリーズ罪と罰 CASE3〜
『白い花を隠す』

石原燃 作
小笠原響 演出

2018年8月31日(金)〜9月4日(火)
シアターグリーン BOX in BOX THEATER

2018年9月7日(金)・8日(土)
アイホール(伊丹市立演劇ホール)

所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM