『拝啓、衆議院議長様』前売り、開始致しました!


本日より、
第25回公演
『拝啓、衆議院議長様』
〜シリーズ罪と罰 CASE6〜
チケットの前売りが開始しました!!

古川健(劇団チョコレートケーキ):新作書き下ろし
小笠原響:演出


2019年2月6日(水) 〜 2月11日(月・祝)
シアターグリーン BOX in BOX THEATER

Pカンパニー2019年最初の舞台、必見です!!

お早めのご予約をおすすめします☆

よろしくお願い致します!!

 

http://p-company.la.coocan.jp/performance25.html


P25a.jpg

p25b.jpg

 


『梟倶楽部-江戸川乱歩短編より-』終演

P-Quest vol.3『梟倶楽部-江戸川乱歩短編より-』

お陰様で、全日程を終えることが出来ました!!

ご来場、誠にありがとうございました☆

5日間8ステージ、とにかくあっという間に終わってしまった感じです。

お客様がいるなかでのお芝居は、日々たくさんの発見があり、もう少し長くやっていたかったなぁと、終わるのが少し残念な気持ちです。

そして、
DSC_2508.JPG ドドーン!!!

初公開!舞台セットです!

本当にとっても素敵で、照明が入るとまた更に魅惑的になるのです。
この雰囲気に、また素敵な音楽が流れて……、「お洒落だね」とたくさんのお客様に言っていただきました。
本当に、舞台美術、照明、音響に、大いに助けられて出来上がった舞台でした。


さて、
『梟倶楽部』という名の謎の怪しい倶楽部は、果たして、またどこかで開催されるのか……。
その時は、きっと何らかの形で連絡がいくと思いますので、待っていてくださいね。

ありがとうございました!

須藤沙耶


照明仕込み、そして場当たり☆


劇団の自前のスタジオで舞台ができる強み。
日々コツコツと時間を掛けて稽古後に作業をし、遂に素敵な舞台セットが出来上がりました〜!!
写真を載せられないのが残念すぎる!!

そして今日は、照明仕込みと場当たり。

明かりが入ると、江戸川乱歩の妖しい世界が更に深まり、本当に素敵なのです♪

この世界を堪能するなら、実は夜の観劇がオススメです。
なにせ、夜行性の「梟」の倶楽部ですからね。。。夜にピッタリのお芝居なんです。

ですが、チケットは、夜の回だけは、まだまだ残っているのです!!

11/29(木)14:00と12/1(土)14:00と12/2(日)14:00の回は売り止めとなりました。(当日券は若干枚数出る予定です)
他の会もお昼の回は残席僅かです。

是非、夜のご観劇を、お願い致します☆

さて、明日はゲネプロです。
今日も最後にダメ出しでいっぱい変更点が出て、やっと覚えた動きやきっかけも、どんどん変わります。でもこれは、少しでも芝居が良くなるようにと、演出家のこだわりなのです!
役者の私達は、それを出来る限り具現化させるのです!
でも内心は、ちゃんと間違えずにやれるかとか、台詞噛まずに言えるか、とか、不安だらけですけどね(笑)それも楽しんでやろうと、思っています♪

 

 

DSC_2492.JPG
写真は、照明プランナーの石島奈津子さんがオペレーターとしての腕を大絶賛したことのある、森源次郎さんです。今回の照明オペレートをしてくださいます。やはり、役者としてのセンスがあるからこそ、照明の細かい変化にも敏感に対応出来るのですよね。手拭いを頭に、何だかカッコいいです♪

たくさんの方に支えられて、舞台を創っています。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております☆

須藤沙耶

 

 


『梟倶楽部-江戸川乱歩短編より-』PV完成!

P-Quest vol.3
『梟倶楽部-江戸川乱歩短編より-』
PVが完成しました!!
今回の作品に合った、妖しく不思議な雰囲気に出来上がったのではないかと思います。
是非、最後までご覧ください☆
よろしくお願いいたします!

https://youtu.be/rcqV5X7XxMM


梟倶楽部のボス


皆さん、こんにちわ♪

この度、梟倶楽部の会員になりました、須藤沙耶です。
先日、初めて会った方に、「志田未来ちゃんに似ている!!激似だ!!」
と言われました。
志田未来さんと言えば、子役から活躍し、とても綺麗な女性に成長されたあの女優さんですね。
最初は耳を疑いましたが、スマホで画像を検索して出して、
開いてるか開いてないかわからないくらいの薄目で、更に焦点を写真ではなくスマホの後ろの方に合わせた状態で見ると、……確かに似ているのです!!
皆さんも是非試してみてください♪


さて、『梟倶楽部』。

稽古は着々と進んでいます。
嘘をつきました。強がりです。少し盛る癖があります。
実際は、稽古はなかなかの迷宮入りです。本番を迎える頃には、どんな舞台になってるのだろう……と、出ている私でさえ、予想がつかないほど、"想像と創造"のお芝居なのです。
ということは……、演出がかなりの鍵になるわけですね!

ご紹介します。
作・演出の内田龍磨さん。

 

DSC_2477.JPG
皆さんご存知の通り、内田さんはもちろん、役者さんです。
なので、演出も言葉で伝える、というより、実際に演じて見せる、ことが殆んどです。その演じ方が、とにかく激しい。たまに熱中しすぎて、終わるのを忘れてずっと演じ続けているときがあります。
演出家の席におとなしく座っていることが出来ないようで、見ている間もすぐに立ち上がって、お相撲さんのシコをふむ前の体勢みたいな状態で見てるので、圧迫間が半端ないです。
稽古中の運動量は、この方がダントツに一番ではないかと、私は密かに思っています。

本や映画の知識量が圧倒的な内田さん。その脳ミソが、江戸川乱歩のあの妖しい美しい恐ろしい世界をどのように立ち上げるか、今回の芝居の見所の大きな一つ、です。

皆さま、お楽しみに〜☆

チケットのご予約、お待ちしております!!


須藤沙耶


_20181104_160118.JPG

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

Pカンパニー第25回公演
『拝啓、衆議院議長様』
〜シリーズ罪と罰 CASE6〜

古川健:新作/小笠原響:演出

2019年2月6日(水) 〜 2月11日(月・祝)

シアターグリーン BOX in BOX THEATER
所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM