<< イッちゃんプリーズ! | main | なぜの五十嵐 >>

一川靖司の投稿です。

Pカンパニーでは永遠の若手と称される吉岡さん。
このところ、シェークスピアの二枚目主人公、繊細な少年の心を持った悲劇のゾウ役など大役をこなして観客の心を掴んできました。
今回も重要な役回りです。
彼の放つセリフで幕が降ります。紅白でいえば大トリ的存在?
吉岡ファンの皆さん、彼の活躍を楽しみに是非とも劇場までお越しください。
いちかわでした。


スポンサーサイト

  • 2018.08.18 Saturday
  • -
  • 23:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

第24回公演

好評につき、再演!

〜シリーズ罪と罰 CASE3〜
『白い花を隠す』

石原燃 作
小笠原響 演出

2018年8月31日(金)〜9月4日(火)
シアターグリーン BOX in BOX THEATER

2018年9月7日(金)・8日(土)
アイホール(伊丹市立演劇ホール)

所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM