<< 『壁の中の妖精』 | main | 石川高校公演!「はだしのゲン」 >>

嗚呼!老眼鏡!の巻

IMG_2665.jpg
こんにちは!内田です!
御無沙汰しております。えへへ。写真は家の飼い猫、半七と私の老眼鏡です。そうです。内田龍磨55歳、老眼鏡の必要なお年頃になりました。今日うっかり老眼鏡を忘れて外出してしまい、いやぁ!往生しました。文字が読めない、読めない。

ちょっと怖い話、SFっぽい話を集めたアメリカのドラマ「トワイライトゾーン」にこんな話があります。本を読むのが大好きな、人間嫌いの老人。誰とも関わりを持たず騒々しい世界に背を向け、ひたすら読書の毎日。ある日、世界が滅亡し、老人1人が地球に生き残る。あゝこれで心置きなく、誰にも邪魔されず本が読める!と、大喜びの老人。勇んで本を読もうとしたその矢先、眼鏡が、落ちて割れてしまう…。1人残される老人。
この話、私、紹介文を読んだだけで映像は観ていません。ここで終わりなのか、結末も知りません。でもこの展開、哀しくて怖いですよね。最近、私にとってこの話がだんだん切実な、リアルな物になってきました。

私が老眼鏡を初めてかけたのは、旅先の長崎のホテル。部屋の中で本を読んでいて字が読みづらい。もしや…と思い100均で老眼鏡を買ってかけた時のあの感動!
ヘレンケラーがウオーター!と叫んだ気持ち、ハイジがクララが立った瞬間を見てクララが立った!と叫んだ気持ちがよくわかりました。おいは字が読めるとよ!
長崎だから九州弁。

そんな私がPカンパニー第28回公演「√(ルート)」で演じるのは小学校の校長先生。もう校長やってもおかしくない歳なのかぁ。と、感無量です。Pカンメンバーがそれぞれ先生を演じますので、皆さま、お楽しみに!後、1か月で稽古開始。公演は9月4日水曜日〜8日日曜日まで。池袋のシアターグリーンBOX in BOX THEATERにて!

「はだしのゲン」チームは残りの旅公演頑張ってください!

と、言う訳で、老眼に悩む内田龍磨の近況報告でした!
ではまたね!


スポンサーサイト

  • 2020.02.14 Friday
  • -
  • 17:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

Pカンパニー第29回公演

『京河原町四条上ル 近江屋二階  ー夢、幕末青年の。』

新作・演出=福田善之

出演=平田広明 林次樹 早野ゆかり 他

3月4日(水)〜8日(日)

東京芸術劇場シアターウエスト(池袋駅西口)

前売開始=2020年1月8日(水)
所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM