<< いじめに関する展示会 | main | √(ルート)村冤罪の悲劇!の巻 >>

出来ることは…?

image1.jpeg
今日は、
お稽古がお休みです。
が、お稽古場では、作業中です。
メンバーのみなさん、ありがとうございます、
お疲れ様です。

私は、免除をしていただき、今日は、見て見ぬ振りをしていた山盛りの家事に従事しています。
…そう言えば、主婦でした。

この稽古を始めて、
いじめ、不登校、保健室登校など、
いろいろな関連する言葉を
検索するので、
毎日、それに関連するコラム、
シンポジウムの情報などが
私の携帯に、送られて来る様になりました。

今現在活躍しているアイドルの方や、俳優さんも、
かつては、いじめに苦しんだ過去があって、
そんな小学生時代を
振り返るコラムがあったり、…
子供の頃のそういう思いは、
大人になっても、トラウマに
なったりする人が
少なくはありません。

大人になれば、
選択肢がたくさんあることに気がつきますが、

きっと、
子供たちにとって
学校は、自身の世界の大半を占めているのでしょう…
その世界の大半が、
いじめられる日常だったとしたら、…
いじめられていた人達が
書いた手記は、胸に突き刺さり、
何も言ってあげられないけれど、
出来る事なら、
その瞬間に飛んで、ギュッと抱きしめてあげたくなります。

今この瞬間にも、
苦しんでるいる人達が
たくさんいるんだなぁ…と、
思うと、
たまらなくなります。

大人は、何が出来るのだろうか、
私たちは、
私は、…と。
毎日、考えています…

罪と罰シリーズ、
新たな切り口に
なりますように…

ぜひ、
ぜひご来場ください。

スポンサーサイト

  • 2019.09.20 Friday
  • -
  • 19:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ようこそ



☆今後の予定☆














所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM