プロフィール
Pカンパニー
「Pカンパニー」は、木山事務所(代表 木山潔)に所属していた俳優とスタッフが中心となって結成した、新たな演劇集団です。
言うなれば、木山事務所28年目にして、ようやく親元を離れて、一人暮らしを始めたデキの悪い子供といったところでしょうか。真の意味での自立には、まだまだ頼りない集団ではありますが、清濁併せ呑み、様々な経験を重ね、一歩づつ成長していきたいと思います。

木山事務所が演劇を通して培ってきた、木山事務所にしかない独特の文化は、多かれ少なかれ我々の心と身体に宿っているものと信じています。
これからは、そのことを踏まえた上で、常に
「Pカンパニーにしか創れない新鮮な演劇」
を目指し、現代の混迷した演劇界に、小さくても輝きのある一石を投じる集団でありたいと願っています。

 「P」はplayのP。でも、本当は…
Play・Performance・Produce・Progressive・Professional・
Prime・Popular・Pure・Passion・Protest・Peace
メンバーがそれぞれに描く「P」の集合が「Pカンパニー」です。
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ようこそ



☆今後の予定☆

第21回公演
〜別役実 男と女の二人芝居3本立て日替わり公演〜

A『眠っちゃいけない子守歌』
演出:山下 悟(演劇集団 円)
出演:坂口芳貞(文学座)、木村愛子

B『虫たちの日』
演出:林 次樹
出演:福井裕子(演劇集団 円)、一川靖司

C『星の時間』
演出:冨士川正美
出演:磯貝 誠、木村万里

作:別役実

2017年12月18日(月)〜24日(日)
西池袋・スタジオP
所属メンバー
time
☆人気ブログランキング
クリック!人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌]
テアトロ 2014年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「猿飛佐助の憂鬱」
戯曲・劇評 掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」
劇評掲載
recommend
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌]
悲劇喜劇 2009年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

Pカンパニーオープニング公演
広告掲載
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM